ハーレーダビッドソン京都 スタッフブログ

2021.07.29

テストドライブ RA1250S編 其ノ九

EITMS(Engine Idle Temperature Management System)

 

空冷エンジンとは違った、水冷エンジン本体とラジエターファンの熱さを感じる PAN AMERICA /RA1250S。

ハイパワーエンジンの宿命でもあります。

そのため、EITMSというシステムを活用して、状況によりエンジン温度の上昇を抑えることができます。

システム稼働は、渋滞時の完全停車時に、一定のエンジン温度に達すると、リアシリンダーがストップ、フロントシリンダーのみのシングルとなります。

エンジンの稼働部分が減り、熱量を抑える仕組みとなります。

RAはオーナーの意思で、システムのオート、キャンセルのモード選択が可能。

夏はオートの状態にしておくことが、お勧めです。

それでも暑いときは、日陰で、、、休憩です。

若草山の鹿は、全頭日陰に。カンカン照りの中、日向にいる物好きな動物は人間のみでした、、。

 

熱さ対策として、ライディングギアは重要で、熱に対応した装備をしっかりとご準備下さい。

靴に関してはブーツが必須となり、スニーカーなど軽量な素材は、熱を通してしまい大変危険です。

ラジエターファンの熱風から左膝を守るためにも、パンツもある程度生地に厚みがある方が、運転に集中できます。

冬はまだ経験しておりませんが、熱量を考えると、夏より快適にラインディングできるかと。

S仕様には、グリップヒーターとナックルガードが標準装備。

ナックルガードも思いのほか風防性に優れ、冬に活躍を期待できそうです。